千思万考 「a broken piece of glass」① 忍者ブログ
ここは廻の個人ホームページ(ブログ)です。 取り扱っている作品は、鬼畜眼鏡(主に御克)・銀魂(主に沖神)・鋼錬(主にロイアイ)・純情ロマンチカ(テロ)・ダーリンは芸能人です。 鬼畜眼鏡・テロ中心に活動しています。
[67]  [68]  [69]  [70]  [71]  [72]  [73]  [74]  [75]  [76]  [77
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



純情ロマンチカというマンガの中の純情テロリストという話のものです。
宮城×忍です。

「a broken piece of glass」は暗く、忍の自虐行為があるので、無理と思った方は回れ右を。
またR-18指定にしますので、18歳未満のかたも回れ右をしてください。


では、OKというかたのみ、続きから又は下に下がってお読みください。

















●忍said●


いつから待ってるんだろう。

もう、ずっと宮城とは会っていない。

仕事で忙しいのはわかっている。

会いたいとは言えない。

宮城の迷惑にはなりたくない。

邪魔にはなりたくない。

嫌われたくない。


前にも、宮城の仕事が忙しくすれ違いになって

ケンカして

別れそうになって

迷惑をかけて

だけど、やっぱり別れられなくて

泣いて

わめき散らして

宮城にすがって

一緒にいてもらっている。


『俺には忍だけだ。』


宮城がそう言ってくれて、俺の不安がなくなる。

その言葉はきっと宮城の本心なんだと思う。

宮城が信じられないわけではない。

俺が弱いだけ。

自分が弱いことを知っているから、宮城に迷惑をかけたくない。


宮城に会いたい会いたい会いたい。

あと何日待てば会えるんだろう。

だけど、素直に言えなくてメールをしても可愛くないことしか言えない。

本当に俺は弱い人間だ。

弱くて餓鬼で

なんで宮城は俺に付き合ってくれているのだろう。


「はぁ…」

家にいても溜め息しかでない。

なにもしたくない。

広い部屋で電気もつけず、隅で小さく座る。

一人でいるにはこの空間は広すぎる。

小さくなっていないと、この広い空間に飲み込まれてしまいそうで

もう二度と宮城に会えない気がして

「…みや…ぎ…」

何日ぶりかに名前を呼んでしまった。

呼んでしまったら、会いたい気持ちは押さえられない。


========================


パリンッ!!

部屋に音が響き渡る。

コップを割ってしまった。

「割れちゃった…」

夜は一人でいるのでさえ虚しいのに。
コップの割れる音が響き渡り広い部屋だということを強調させる。

「あ、」
コップの割れた破片を拾っていると、指を切ってしまった。

切れた人指し指からは血が流れる。
血が流れているのに痛みがない。
俺は生きているのだろうか?
今の俺には宮城が必要で、宮城がいなくなったら生きていけない。

気が付くと、おもむろに握っていたガラスの破片で腕に傷をつけていた。

「…痛い…俺、ちゃんと生きてるんだ……」

指が痛い

腕が痛い

胸が…痛い


宮城に会いたい。

メール作成画面を開き、文章を作成する。

けれど、指は動かない。

たった4文字が打てない。

――会いたい――

会いたいのにメールを送る勇気もない。

そう思って、項垂れる。

寂しい。

宮城に会いたい。


ヴヴヴ…ヴヴヴ…

急に携帯のバイブが震えだした。

急いで、着信画面を見ればずっと待ち望んでいた名前で、俺の好きな人の名前。
電話に出ていいもんかと悩んだけど、やっぱり声が聞きたくて出てしまう。

「もしもし」

「あ、忍か?」

久しぶりに聞く宮城の声。
俺は嬉しくてたまらなかった。

「なんだよ、急に…」

「なんだよって…忍ちん今、空メール送っただろ?」

「メール?」

メールは送ってないと……思う。

「空メール来たから、何かな〜って思ってさ。」

「あぁ、わりぃ。眠くてウトウトしてたら間違えた。」

俺は平静を装う。
会いたいなんて言ってはいけない。

「…忍、ちゃんと飯食ってるか?」

「食べてるよ!!」

「学校の勉強はやってるか?」

「俺を誰だと思ってる!?」

電話すると必ずされる会話が並べられる。
もう事務的な、決まった会話。

そのあとはお互いに何言っていいかわからず、沈黙が流れる。

「…宮城はまだ仕事?」

「あぁ、まだ忙しくてな。」

「だったら俺の心配なんてしてねぇで、自分の仕事を心配してろよ!!」

いつも通り、いつも通りに振る舞わなければ宮城によけいな心配をさせてしまう。

「まぁまぁ、怒らないでよぉ忍ちん。じゃぁ、もう遅いし鍵をしっかり閉めて寝ろな。」

「餓鬼じゃねぇからわかってるよ!!」

そう言って、俺は電話を切った。

いつも通り…

いつも通りにできていたはず。

なのに、手が震える。

電話の向こうには宮城がいるのに。

声は俺の耳元に届いているのに。

宮城に会えない。


指が痛い

腕が痛い

胸が…痛い



「a broken piece of glass」②へ

*********************************

初の純情テロリストのお話でした!!
いかがでしたでしょうか?
何気に続いてしまいました。
自分が小説を書き始める理由がやっと今わかりました!!
いろんなサイト様で小説を読み漁って、で、読むのがなくなると自分の妄想が止まらなくなり思いつきで小説を書いてしまうというような感じです。笑
でもテロは切ない話沢山で大好きです!!
もち、エゴもねww



ご意見ご感想などあったらうれしいです。

 ←気に入っていただけたらポチリと拍手をお願いします。
     (拍手設置が上手くできなくてこんなになりました。。。笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
コメント
[11/13 友華]
[12/02 千愛]
[12/02 千愛]
[11/06 すなお]
[07/06 廻]
プロフィール
HN:
廻 (めぐる)
HP:
性別:
女性
趣味:
マンガ・映画鑑賞
自己紹介:
「廻」と書いて「めぐる」と読みます。
801系に手を手を出し始めたのは、2年くらい前です。
純情ロンマンチカの純テロ溺愛中ww
でもやっぱり、男女カップルもの大好きですww
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]