千思万考 破れ鍋に綴じ蓋 ① 忍者ブログ
ここは廻の個人ホームページ(ブログ)です。 取り扱っている作品は、鬼畜眼鏡(主に御克)・銀魂(主に沖神)・鋼錬(主にロイアイ)・純情ロマンチカ(テロ)・ダーリンは芸能人です。 鬼畜眼鏡・テロ中心に活動しています。
[19]  [20]  [21]  [22]  [23]  [24]  [25]  [26]  [27]  [28]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


小説第3弾!!
(1作目を完結させてないという。。。藁) 

御堂・克哉のシリアス(予定)の話になります。
 克哉がいなくなり、御堂はある一人の青年と出会う。
そして、2人の関係は・・・
その青年とは・・・ 

オリジナルの女性がちょこっとでてきます。
長編になる予定です。


 では、続きもしくは下に下がって読んでください。














「割れ鍋に綴じ蓋」① 



「もし、オレがいなくなったらどうしますか?」 
突然克哉は言う。

いぶかしげに思った、隣に座る男はその真意が汲めとれず、問う。

 「いなくなるのか?それとも私といるのが嫌になったのか?」

 「そんなことはありません!!」

 「御堂さんと一緒にいるのが嫌なんてこと絶対にありません!!」

 「絶対……か。」

 口の端を緩め笑い、克哉の頭を撫でる。

 「なら、そんなことを言うのはやめたまえ。私は一生君を手放すつもりはない。」

 「オレもです……孝典さん。」 


そんな甘い時間が流れ、この先のことなんて誰が予測できただろうか。



 あの甘い時間を忘れるくらいに月日がだったころ、あの時と同じ部屋で言い争う声が聞こえていた。

 「だから本多は違うんですって!!」 

「君はわかっていないんだ。あいつの君を見る目は友人としてではない。異性を見る目だ!」

 「なんで、そうなるんですか?!確かに昨日は連絡もなしに本多の所に泊まったのは謝ります、けど!!」 

「謝る…?違うというなら何故謝る必要がある?やはり君もわかってるんではないか、あいつが…」 

「もう、いいです!!オレが謝りたかったのは……!!」 

克哉は溢れでる涙を拭いながら、御堂の横を通り過ぎ自室へ向かい入っていった。 


その日は、2人は別々に寝た。



 昨日、克哉は久々に本多の家で数名の友人と共に飲み会をしていた。
夜の12時を前にすでに皆でき来上がっていて克哉も久々の友人達との飲み会で飲むペースも速くなり、早くからでき上がっていた。
そのため、御堂に連絡することもなくそのまま泊まったのだ。 
次の日は寝坊したせいで一度御堂の待つ家に帰れることもなく会社に出社した。
会社に行くとあきらかに御堂の額には青筋がたっていた。
けれど会社では何も言わず、帰宅してからあぁなったのだ。


 次の日、御堂は起きると昨日の克哉との言い争いの事で謝りに行こうと思った。

 克哉を想うあまりに 

想いが強すぎて 

克哉の大切な友人のことにも口を出してしまった。 

でもそのことよりも、克哉を信じず疑い泣かせてしまった。
 泣かせるつもりはなかった。 
もう、自分の行動で、言動で愛しい人の顔を哀しみで歪ませたくなかった。

 早く克哉に会いたい。


 早く克哉に謝りたい。


 早く克哉の笑顔を見たい。


 そう思い、克哉の部屋をノックする。 

一度叩いても返事がない。 

もう一度叩くがやはり返事は返ってこない。 

寝ているのか、 

それとも自分と話したくないのか、 

御堂は思考を巡らせる。 


「入るぞ」と一言いい部屋のドアを開ける。
 でもそこにいるはずの克哉の姿がない。
ベッドにも寝た形跡はない。 
家中の部屋という部屋を探したが克哉はいなかった。

 外に出たのだろうか・・・財布も携帯も置いてある。

でも唯一ないのは、御堂が以前渡した指輪だった。
克哉は恥ずかしいと頬を赤くして笑い、家にいる以外はすることはなかった。


 御堂は家を飛び出すと、まだ朝陽が眩しい住宅街を駆けた。 

克哉の行きそうな所、 

公園 

克哉の元のアパート付近

 MGN 

他には……?

 他には……… 

克哉の行きそうな所がわからない。

 こんなにも克哉をわかっていなかったのだろうか。

 もっとわかっていたらあんな事にはならなかったのだろうか。

 御堂は川岸まで辿り着くと、落胆するようにそこに座り出す。

 夜になり

 日付がかわり

 数日がたっても克哉は帰ってこなかった。



 「破れ鍋に綴じ蓋」②へ 


************************

 いかがでしたでしょうか。
「破れ鍋に綴じ蓋」① タイトルは・・・うん。。。
響きはなんかイヤなんですが意味がね。。。まぁ近いのかなぁと思いつけたわけですが。。。
どの小説のタイトルもそんな感じですっ!!笑 

さてさて、まだ今回の小説はなにを主体にして書いたかが出てきてませんが、次回というか最終話というか解るかと思います。
あえて小説説明では入れてません。笑
(ホントに主体になってるのかも不安。。。藁) 

ご意見ご感想など頂ければうれしいです。

 ←気に入っていただけたらポチリと拍手をお願いします。
     (拍手設置が上手くできなくてこんなになりました。。。笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
コメント
[11/13 友華]
[12/02 千愛]
[12/02 千愛]
[11/06 すなお]
[07/06 廻]
プロフィール
HN:
廻 (めぐる)
HP:
性別:
女性
趣味:
マンガ・映画鑑賞
自己紹介:
「廻」と書いて「めぐる」と読みます。
801系に手を手を出し始めたのは、2年くらい前です。
純情ロンマンチカの純テロ溺愛中ww
でもやっぱり、男女カップルもの大好きですww
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]