千思万考 夢≒夢 忍者ブログ
ここは廻の個人ホームページ(ブログ)です。 取り扱っている作品は、鬼畜眼鏡(主に御克)・銀魂(主に沖神)・鋼錬(主にロイアイ)・純情ロマンチカ(テロ)・ダーリンは芸能人です。 鬼畜眼鏡・テロ中心に活動しています。
[179]  [180]  [181]  [182]  [183]  [184]  [185]  [186]  [187]  [188]  [189
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


純情テロリスト「夢≒夢」



続きもしくは下に下がってお読みください。




























「お邪魔します…」

なんの返答もない部屋にズカズカと上がる。

何日がたっただろう。
毎日、宮城は家に帰ってくるが書斎にに引きこもりっぱなし。

俺のために帰ってきてくれてるってのは知ってるけど、

話せないなんて…

後ろ姿しか見れないなんて…

隣にいることができないなんて…


寂しい。
我が儘言ってはいけないって知ってるけど、これが今の宮城の一生懸命の俺に対する優しさってわかってるけど…

いつまで我慢すればいいんだろう。

今日は休日で天気も良いっていうのに、その気持ちのいい天気すら知らないんだろう。

「天気いいなぁ……」

呟いても俺しかいないリビングには、小さく声も消えていく。

春先で気持ちのいい天気で風も吹いてるのに、心はどこか冷たく吹き荒れる。

「はぁ……晴れてたって、布団干すことくらいしかできねぇよ…」

温かい布団に入って寝たら、いい夢見れるかな?
宮城といられる…


布団…?

干す……?


「あ!」

思い付いた俺は、寝室に行き、布団を持ち出す。

「よいしょっと。」

重い布団をヨタヨタと危ない足取りで運ぶと、ベランダに干す。


陽をいっぱい浴びた布団で寝れば宮城の仕事疲れがとれるかな?
もしかしたら、ぐっすり眠れて俺の夢を見てくれるかもしれない。

夢の中の俺ってのが悔しいけど、どんな形でも俺という存在が宮城に会えればいいや。

「それにしても、いい天気だな」

再びソファーに座ると、射す陽の光に瞼がうつらうつらと上下する。

陽の光も気持ちよくて、風も優しく吹いていつのまにか眠りに落ちていた。


『……ぶ』

『し……ぶ?』

ん?
誰かが俺のこと呼んでる。
『忍?』

あ、宮城だ。
宮城が俺のこと見てる。
俺のこと呼んでる。

久々に会えたなぁ。
やっぱり夢でも嬉しいや。
「みや、ぎ…一緒に寝よう?」

夢の中で一緒に眠れたら、なんか幸せな気分になれそう。
話したり、隣にいるのもいいけど、宮城のたくましい腕で抱きしめられたまま眠れたら、また少しだけ宮城に会えない寂しさに耐えられるかもしれない。

『しのっ!……あぁ寝るか』

驚いた顔をしてたけど、いつもみたく優しく宮城が微笑んだから、俺も笑った。
普段は笑顔なんて恥ずかしくて見せないけど、夢の中なら見せてやってもいいかな。

今度は本物の宮城と寝れたらいいな。

宮城の腕に抱きしめられながら俺は夢の中で眠りに落ちた。





「あー、仕事が一段落ついたー。」

ずっと書斎にこもってばかりだと時間の感覚がおかしくなりそうだ。
会えなくて忍には悪いが、あと少しだけだからな。

ガチャ

コーヒーをいれにキッチンへと行こうとすると、ソファーで動くものに気が付く。

「忍?」

除き込めば、縮こまりソファーで寝ている忍がいた。
「来てたのか…」

来てるなら、声をかければいいものを。
いや、こいつなりに俺に迷惑かけないようにしてくれているんだ。

忍を見てたら気持ちのよい風が吹くのを感じた。

ベランダの方を見れば、陽は落ちてきたがまだ気持ちのよい陽が射し込んでいる。

「あ、俺の布団…」

忍が干してくれたのだろうか?

今あの布団で眠ったら気持ちいいんだろうな。

いやいやいや、まだ仕事が片付いたわけではないし。
それよりも忍をしっかりした所で寝かせてやるか。

「おい、忍起きろ。」

「しのぶ?」

何度か呼び掛ければ、ゆっくりと瞼があいた。
焦点が合っているのか合っていないのか、見つめる忍。

「忍?起きたか?」

「みや、ぎ…一緒に寝よう…」

「しのっ!?」

寝言か?
だけど、とろんと眠そうな目で見つめられその気になってしまいそうな自分がいる…

だけど…

久々に会えて、ずっと忍を抱きしめていたいという衝動にかられる。
布団もちょうと気持ち良さそうだしな。

「…あぁ、寝るか。」

眠気眼な忍を抱き上げると嬉しそうな笑った。

あぁ、久々にゆっくり寝られるかもしれない。

忍を抱きしめ、起きたら隣にいて、最初に見られる。
陽をたっぷり浴びた布団に忍を寝かせ、俺もその横に滑り込む。
寝息が聞こえるくらい近寄らせ抱きしめる。
久々の忍の温もりだ、温かい布団よりも温かさを感じる。

まだ寝るには早い時間だが、たまにはいいだろう。

起きたら隣で驚いて真っ赤な顔をしてるであろう忍を想像しながら、俺も眠りにつく。


おわり。


************************
久々のテロ短編。
何を書きたいかわからんけど、ね(笑)
小説を書くのは私生活が影響すると最近思ったり思わなかったり(笑)


UP2009.4.10


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
コメント
[11/13 友華]
[12/02 千愛]
[12/02 千愛]
[11/06 すなお]
[07/06 廻]
プロフィール
HN:
廻 (めぐる)
HP:
性別:
女性
趣味:
マンガ・映画鑑賞
自己紹介:
「廻」と書いて「めぐる」と読みます。
801系に手を手を出し始めたのは、2年くらい前です。
純情ロンマンチカの純テロ溺愛中ww
でもやっぱり、男女カップルもの大好きですww
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]