千思万考 「心樹海」第一話 忍者ブログ
ここは廻の個人ホームページ(ブログ)です。 取り扱っている作品は、鬼畜眼鏡(主に御克)・銀魂(主に沖神)・鋼錬(主にロイアイ)・純情ロマンチカ(テロ)・ダーリンは芸能人です。 鬼畜眼鏡・テロ中心に活動しています。
[146]  [147]  [148]  [149]  [150]  [151]  [152]  [153]  [154]  [155]  [156
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




次の日、学部長の部屋を訪れた。
再婚の話を断る為に。だが、部屋に入り驚く、そこには理沙子がいた。

「・・・庸。」

「宮城くん昨日の話なんだが、・・」

入ったとたんに核心をつく話をされる。
戸惑っている場合ではないんだ、早くこちらから話をしなければ勝手に話は進んでいってしまう。

「そのお話ですが、やはりお断りさせていただきます。」

「やはり無理かね?宮城君に無理を言っているのは承知なんだが、親の私は娘がこの年で独り身なのも心苦しくてな。」

結婚はそんなに簡単な話ではない、それが再婚であれば尚更。
学部長はそれをわかった上で話している。だけど俺にはそんな気も起きない。

「庸、誰か他に好きな人でもいるの?」

早々にお断りして部屋を出て行きたかった俺の考えも虚しく、理沙子が言い出した。

「いや・・・」

俺は答えられなかった。

「だったらいいじゃない。」

理沙子の言う言葉の意味が分からなくて、そこに沈黙が広がる。
今日の夕飯を決めるかのように簡単に言ってのけた。だけど結婚は違う。
犬や猫を飼うのとはわけが違う、お互い人間で感情を言葉に出来る。
すれ違いからケンカになって一緒にいるのだって嫌になる時がくる。
一度俺たちはそれを感じたはずだ。だから何故、理沙子がそう言い出すのか分からなかった。

「理沙子、再婚は簡単なことじゃないんだ。」

「そんなの私だってわかってるわよ。」

少しの沈黙の後、理沙子は続けた。

「私は今だからわかるの、あなたの存在は私にとって大きかったわ。今更って思うかもしれないけど、あなたといた時は嬉しかった。また叶うのならあなたと一緒にいたい、そう思っているの。」

学部長もダメ押しかというように、言う。

「宮城くんもう一度考えてくれないか?まだ理沙子を嫌いなわけではないだろう?」

嫌いではない、だけどそこには愛情というものがないんだ。
こんな気持ちで相手に応えるのは失礼すぎる。
その前に俺には忍を選ぶ以外に答えはもっていない。

だけど虚しくも、再婚の話はどんどん進んでいく俺の両親まで出てきて乗り気な話をされてしまっては、俺の意見など聞いてもらえない。
おふくろは理沙子を気に入っていたし、結婚のときにもすごく喜んでいた。
親孝行らしいことをしたことがなかった俺は結婚した時、これで出来たのかなと安心した。
だけど離婚した時にはおふくろを悲しませてしまった。

 

 

 

 

 

忍に話せないまま、再婚の話は進んでいく。なんどか話そうとはした、だけど忍の存在が大きすぎて心の中から消せなくて、消したくなくて話せなかった。



第二部へ。

 

 

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
コメント
[11/13 友華]
[12/02 千愛]
[12/02 千愛]
[11/06 すなお]
[07/06 廻]
プロフィール
HN:
廻 (めぐる)
HP:
性別:
女性
趣味:
マンガ・映画鑑賞
自己紹介:
「廻」と書いて「めぐる」と読みます。
801系に手を手を出し始めたのは、2年くらい前です。
純情ロンマンチカの純テロ溺愛中ww
でもやっぱり、男女カップルもの大好きですww
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]