千思万考 「心樹海」第一話 忍者ブログ
ここは廻の個人ホームページ(ブログ)です。 取り扱っている作品は、鬼畜眼鏡(主に御克)・銀魂(主に沖神)・鋼錬(主にロイアイ)・純情ロマンチカ(テロ)・ダーリンは芸能人です。 鬼畜眼鏡・テロ中心に活動しています。
[145]  [146]  [147]  [148]  [149]  [150]  [151]  [152]  [153]  [154]  [155
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




「は?あの今なんと仰いましたか?」

突然学部長に呼び出され、学部長の部屋に訪れた。
呼び出され、話があると言われればいつも何かしら頼まれごとをされる。
理沙子を紹介された時も、忍を預かってほしいと言われた時も。
今回も何事かと思い行ってみれば、耳を疑うことを言われた。

「宮城くん、再婚する気はないかね?」

「え、あの、私はまだそういった相手が見つかっていないので、考えていなく・・・」

「いや、そうではなく・・・実に言いにくいんだが、その・・・理沙子と再婚する気はないかね?」

突然の話、再婚に、その相手として元嫁の理沙子をすすめられた。
一度離婚していて、別れた後も理沙子になんの未練もないと気がついた自分がいた。
そんな気持ちでよく結婚生活が続いたと思う。
だけど理沙子と次はないと思っていた。
俺もよりを戻す気もなかった、アイツはアイツで他に彼氏様を作っていたし、もう俺は結婚などしないと思っていた。


「あの、考えさせてください。」


俺はそう答えていた。

すぐに断ればよかったのに、言葉は出なかった。
きっと相手がいると答えればそこでその話は終わっていただろう。
だけど俺は言えなかった。
どうして言えなかったのか、自分でもわからない。その後、仕事は全然捗らなかった。
先ほど言われた言葉が頭をグルグルとしていたから。
今日は帰ろう、きっとここにいるから学部長の言葉が頭から離れないんだ。
今日の講義はもうないことから、仕事は家に持ち帰ることに。
きっと忍に会えば余計な事は考えなくてすむはず。早く帰ろう、早く忍の顔が見たい。
大学から車を走らせ自宅へと急ぐ。車を止め、急いで部屋へと掛けて行く。
部屋のドアを回せば鍵が開いていなかった。いつも来ているのに今日に限って忍が部屋にはいなかった。
焦っていた心が急に崖に突き落とされるような感覚。
ただ忍が部屋にいないだけなのに。
部屋の前で立ち尽くしていると、後ろから声がかけられた。

「今日、早いじゃん。」

「忍?」

そこにはスーパーの袋を両手に持ち、今帰ってきたばかりの忍がいた。

「早く、部屋に入れてよ。」

当たり前のようにそう催促する忍が愛しくて、気づいたら抱きしめていた。
ここがマンションの廊下だってことはわかっている。
もしかしたら人に見られてしまうことも。
だけど、今は抱きしめたくてしょうがなかった。

「わっ!!み、宮城、ここ?!」

焦る忍は俺を引き離そうとする。
それがまた煩わしくてたまらない。
片手で鍵を開けドアを開け中に入ると、忍の唇を塞いでいた。

「ふぁ・・・ん・・・みや・・・・ぁ」

クチュクチュと舌が絡まる水音が響く。
忍はその音に羞恥し顔が赤くなる。それがまたさらに俺を煽ることになるなんて忍は気がついていないだろう。
どれくらい続けていたかわからないが、その行為は忍が腰を抜かしたことによって中断された。

「忍っ!!大丈夫か??!!」

「はぁはぁ、だ、大丈夫だけど・・・。宮城どうしたの?なんか変だけど。」

「いや、別に・・・」

俺でもなんで急にこんなことをしてしまったのかわからない。
忍を支えながらリビングへと行く。忍をソファへ座らせ、忍がスーパーで買ってきたものを冷蔵庫へ入れる。
いつもながら青々と水みずしいキャベツが冷蔵庫を占拠する。
まるで俺の心の中に居座る忍のように、なくそうとしてもそれは消えることのない存在。

「忍はそこに座ってろ。」

「なんで?」

「動けないだろ?今日は俺が作ってやるから。」

「な!?動けなくしたのは宮城だろ!!」

顔を真っ赤にし、叫ぶ忍を見て笑ってしまう。
俺の反応に怒り立ち上がろうとするが上手く足に力が入らなくよろけてしまった。
急いで忍に近寄り起こせば、抱きついてきた。
顔を俺の胸に埋め、耳が真赤になってることが今は顔中が赤いであろうことを教えてくれる。

「宮城、夕飯なんていいから・・・」

「忍?」

「宮城がほしい・・・」

「また立てなくなるぞ。」

「いい・・・だから、宮城・・・しよ」

真赤の顔で見られ触れるだけのキスなんかされればすぐに俺の理性は切れてしまう。
それを合図に、今度は俺から深い口付けをしてやる。
忍もそれに応えるように一生懸命舌を絡ませてくれる。
そんな一生懸命の忍に応えようと俺も可愛がるように忍を抱く。


行為の後は、いつも寝ている忍を眺めタバコを吸う。
頭を撫で、忍の柔らかい頬を触る。
気持ちよさそうに寝ている忍を起こさないように。
今どんな夢を見ているんだろう?幸せそうな寝顔をして。その中に俺はいるのだろうか?

「ん・・・みや、ぎぃ・・」

一瞬起きたかと思ったが寝言のようだった。
俺は忍の夢の中でもいるようだ。笑った忍を見てふと理沙子と重なって見えた。
何故急に理沙子を思い出したのかわからないが、アイツも普段笑顔を見せるような奴ではなかった。
それにさすが姉弟と言うべきか、似ている。
でも違うところと言えば、俺には男の忍が笑うほうが可愛く見えてしまう。
それはそこに感情があるかないか。
まったく俺も重症だと思える。今日学部長から聞いた話は明日しっかり断ろうと決めた。
俺には忍がいる悩む必要なんてないんだ。
気持ちが軽くなり、眠気がさしてきた。寝ている忍の額にキスをし忍の横に体を滑り込ませる。
寝息が聞こえるくらいまで引き寄せ包み込みながら眠る。




次へ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
コメント
[11/13 友華]
[12/02 千愛]
[12/02 千愛]
[11/06 すなお]
[07/06 廻]
プロフィール
HN:
廻 (めぐる)
HP:
性別:
女性
趣味:
マンガ・映画鑑賞
自己紹介:
「廻」と書いて「めぐる」と読みます。
801系に手を手を出し始めたのは、2年くらい前です。
純情ロンマンチカの純テロ溺愛中ww
でもやっぱり、男女カップルもの大好きですww
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]