千思万考 「沢山の好きをありがとう ~True Love~」③ 忍者ブログ
ここは廻の個人ホームページ(ブログ)です。 取り扱っている作品は、鬼畜眼鏡(主に御克)・銀魂(主に沖神)・鋼錬(主にロイアイ)・純情ロマンチカ(テロ)・ダーリンは芸能人です。 鬼畜眼鏡・テロ中心に活動しています。
[137]  [138]  [139]  [140]  [141]  [142]  [143]  [144]  [145]  [146]  [147
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

純情テロリスト「沢山の好きをありがとう」
~True Love~編です。




続き、もしくは下に下がってお読みくだい。











 




 
















宮城から離れてどこへ行こう。

行く宛なんてなかった。

帰る場所もない。

ただ足が進むまま、どこか遠いとこ。


なんでだろう、知らない土地に行きたかったのに

不安なのか自分の知っている場所に来てしまう。


先生の、宮城の好きだった人のお墓。

お墓を目の前にして考えてしまう。
先生は宮城の事が好きで離れなければいけないと分かったとき、悔しかったんではないかと。

その時、どういう気持ちだったのかな?

やっぱ俺みたく、沢山泣いたよね。

俺も沢山泣いた。
毎日、毎日泣いても涙はかれることがなく

泣く度に、宮城への想いが強くなって。

苦しかった。


「俺も貴女みたいな存在になれたのかな?」


貴女は宮城に与えられるものが多くて、俺には何一つなかった。

だけど少しは幸せにできたかな?


俺がいて、宮城に幸せは訪れてたかな?


もっともっと幸せをあげたかった。


何か俺が生きてる間に宮城にしてやれることはないのか、本気で考えた。
だけど、こんな体でもう時間もないのに何をしてやれるんだろう。


俺は…逃げたんだ
今さら宮城に関わっちゃダメだ。


「あ、四ツ葉のクローバー…」


先生のお墓の回りには沢山のクローバーがなっていた。

そこで偶然に見つけたソレ。

「四ツ葉のクローバー……たしか花言葉は幸福って聞いた覚えが……」


昔姉貴に聞いた覚えがある。
クローバーのおまじないを。

あれはたしか……、


薄れた記憶を細い紐を引くように手繰り寄せ思い出す。

まじないなんて一度もやったことがないし、信じてもいない。

だけど、今はそれにすがり付きたくて、叶うならいくらだって信じる。

今の俺にできることがこれくらいしかないなら、やるしかない。

どれくらい時間が残されているかなんて覚えていない。

できる限り、生きている間に。

俺はどれだけ宮城に幸せを残せるかな?





四ツ葉のクローバーを探さなくちゃ。
その日から、毎日四ツ葉のクローバーを探すことにした。

もう体もふらふらだった。
今の俺を動かしているのは宮城への想いだけで。
毎日宮城を想えることに少し嬉しさを感じていた。

「ゴホッ、ゴホッ…」

咳も止まらなく、目の前が霞んできた。

まだ駄目なんだ、まだ集めてない。

あと少しだけ時間をちょうだい…

あと少し……

『忍っ』

あ、宮城の声だ。

なんか久々に聞いたな。

幻聴が聞こえるくらい、会いたいのに

俺はこのまま……

せっかくクローバー集めたのに、宮城に………


俺の意識は途絶えた。





「沢山の好きをありがとう~True Love~」④へ


UP 2009.01.23

 

ご意見ご感想などいただけたら嬉しいです。
 ←気に入っていただけたらポチリと拍手をお願いします。
     (拍手設置が上手くできなくてこんなになりました。。。笑)

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
コメント
[11/13 友華]
[12/02 千愛]
[12/02 千愛]
[11/06 すなお]
[07/06 廻]
プロフィール
HN:
廻 (めぐる)
HP:
性別:
女性
趣味:
マンガ・映画鑑賞
自己紹介:
「廻」と書いて「めぐる」と読みます。
801系に手を手を出し始めたのは、2年くらい前です。
純情ロンマンチカの純テロ溺愛中ww
でもやっぱり、男女カップルもの大好きですww
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]