千思万考 「運命と責任」 忍者ブログ
ここは廻の個人ホームページ(ブログ)です。 取り扱っている作品は、鬼畜眼鏡(主に御克)・銀魂(主に沖神)・鋼錬(主にロイアイ)・純情ロマンチカ(テロ)・ダーリンは芸能人です。 鬼畜眼鏡・テロ中心に活動しています。
[117]  [118]  [119]  [120]  [121]  [122]  [123]  [124]  [125]  [126]  [127
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





「好きなんだっ」

「だ〜か〜ら〜、お前はなんなんだよっ!教師をからかうな!!」

「からかってねぇよ!」

転校してきたテロリストは毎日のように奇襲をかけにきている。



『運命と責任』



「中槻いい加減、下校時間過ぎてるんだから帰れ!」

ここ国語準備室に理事長の息子であり、俺の担当クラスの生徒、中槻忍は転校した日から毎日のように通い続ける。

そして部屋に入り開口一番に『好きだ、付き合え』と言ってくる。

街中で告られた時はいたずらで、その場だけで終わったと思ってた。

なのに毎日のようにコイツはくる。


「庸もまだいるんだろ。だったら俺もいるし。」

「“茨城先生”。何度言ったらわかるんだ。おれは教師だ、敬意をはらえ敬意を。」

教師並みに注意をすると中槻は怒ったように膨れた。まぁ俺は教師なんだが。


「はいはい、わかりましたよ“茨城センセ”。じやぁまた明日な庸♪」

「あ、コラまた名前で!」

言い去るように中槻は部屋から出ていった。
毎日アイツがくるせいで全く仕事が進まない。
いったい今何時だ?

時計を見ると21時を過ぎていた。

時計を見るや否や、俺は帰り支度をし部屋から飛び出していた。

「中槻!」

正門へと歩く後ろ姿に声をかけた。

「庸どうかしたの?」

寒そうに鼻を真っ赤にする中槻を見て、少し可愛いと思ってしまう。

待て!俺!
いったい何を考えているんだ!
可愛いってなんだ!
こいつは男だそ!それに生徒だ!

生徒…まぁ、教え子として可愛いなら……まぁいいのか?

「ほら中槻、遅いから送ってく。」

そう言って車の助手席に乗せる。

「ホント!やった。」

まぁた、嬉しそうな顔しちゃって。

俺はいつから生徒に甘くなってしまったんだ。

遅くなる日は今日のように家まで送るのが常になっている。
生徒をこんな遅くに帰すのが気が引けるだけだっ。
そうだ、そうだ。

「じゃぁ中槻、明日遅刻するなよ。」

「あんたもな。」

はいはい、と中槻は手を振りながら家に入っていく。




最近思う、中槻忍という生徒は意外と人当たりがいいと。

最初は転校してきたばかりでクラスの奴らと仲良くやれるか心配だったが、一週間もしないうちにクラスに溶け込んでいた。
これなら俺のクラスでなくても良かったんではないかと思うが、今更クラスを変えるなんてできないから考えるのも馬鹿馬鹿しいが。
まぁ、クラスのやつと仲がいいのはよろしいことだ。
このままクラスの女の子とでも恋をしてくれればいいんだが。

ズキッ

なんだ?
今、胸の辺りが痛んだような……

それになんか中槻が他のやつと話してると胸がムカムカするような……


「おい、忍聞いたぞ!お前また他のクラスの女子に告られたんだってな!」

「お前、そんなのどこで聞いてくんだよ。」

「しかもミキちゃんだと〜〜羨ましすぎだ!」

「俺、狙ってたのに〜」

「狙ってたって……」

「んで?付き合うのかよ?」

「付き合わねぇよ。」

「はぁ?!お前フるの何人目だよ!!」

「そう言われても……」

「俺に少しは分けろ〜〜」

「おわっ!抱きつくな!っつか分けろって何だよ!」


「お前らうるさいぞ!それと中槻、国語準備室にこい。」

昼休みにクラスに顔をだしてみたら、中槻が友達と楽しそうに話してるのをみた。

それだけならまだしも、吉田が中槻に抱きついてるのを見て怒鳴っていた。




「どうかしたの“茨城センセ”」

「お前、朝提出の課題出してないだろ。」

「放課後だすよ。」

「お前な、頭はいいんだから、課題くらいしっかりしろよ。」

俺は苛々している。
それは相手も気付くほどに。

「ほ、放課後、あんたに会いに行く口実くらい作ったっていいじゃん!」

口実?
そんなんなくてもいつでも来てるだろ。
それに口実がなきゃ俺のとこにこないのか?

いや、そうじゃなくて……

「お前は何で俺なんだ?」
「は?」

「だから、お前はなんで俺なんかが好きなんだよ。」
「あんただからだよ。」

意味がわからん。
俺だから?俺のどこがいい?

あ"ー苛々する。

俺が好きなら他のやつにいい顔してんなよ。

「あんたは覚えてないと思うけど……あ、いや何でもねぇ」

「ん?何だよ、言いたいことがあるなら言えよ。」

「なんでもねぇ!とにかくあんたは俺の運命なんだ!責任とれっ」

「責任ってなんだ!」

「だから…え?…あ……ふ、ん……」

苛ついて、中槻の言葉もまともに聞けなくて、口を塞いでいた。





***************************
愛テロ「運命と責任」を読んでいただきありがとうございました!!
忍ちんが「茨城」と呼んでいて違和感を覚えました。
だって宮城は宮城だもん!!笑
で、「庸」と呼ばせてみました。
なんか萌た(笑
変態でごめんなさい。。。



ご意見ご感想などあったらうれしいです。

 ←気に入っていただけたらポチリと拍手をお願いします。
     (拍手設置が上手くできなくてこんなになりました。。。笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
コメント
[11/13 友華]
[12/02 千愛]
[12/02 千愛]
[11/06 すなお]
[07/06 廻]
プロフィール
HN:
廻 (めぐる)
HP:
性別:
女性
趣味:
マンガ・映画鑑賞
自己紹介:
「廻」と書いて「めぐる」と読みます。
801系に手を手を出し始めたのは、2年くらい前です。
純情ロンマンチカの純テロ溺愛中ww
でもやっぱり、男女カップルもの大好きですww
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]